IMUトップ画像PC IMUトップ画像sp

■保険マーケティング大学校 概要
Insurance Marketing University(IMU)

保険マーケティング大学校とは「保険を売る」のではなく「見込客を集める」ことにフォーカスした、保険業界の集客(見込客開拓)を専門に教える日本・業界初のマーケティングのオンライン(WEB)スクールです。(開校2017年1月)

経営者であれば利益を得るために数百~数千万円の投資が必要ですが、この大学校はビジネス書をたった2、3冊購入するのと同じ程度の費用で、保険マーケティングの基礎知識から売れるリスト作り・セミナー営業手法、富裕層開拓手法などの応用テクニックまで、MDRTはもちろんTOT,COTといった講師陣から毎月最新の売上直結型の具体的なノウハウを学ぶことができます。


こんな方におすすめ
紹介だけに頼らない見込客開拓のしくみを作りたい
せっかくの名刺交換を無駄にしたくない
個人から法人マーケットにシフトチェンジしたい
ライバルに負けないセルフブランディングを強化したい
成功している優績者のノウハウを詳しく学びたい
法人に自信を持ってアプローチできるコンテンツやノウハウが欲しい
個人に限らず法人・ドクターなど富裕層へのアプローチ法を学びたい
社長のベネフィットになる最新の情報を手軽に入手したい
様々な保険マーケティングの手法を学んで自分の売れるしくみを築きたい
もっとワクワク充実感をもって仕事に取り組みたい

配信コンテンツ

■保険マーケティング大学校
設立の背景
Insurance Marketing University(IMU)

クロージングが苦手な私がトップセールスになれた方法、
それが保険マーケティングでした

私が保険マーケティングの重要性に気づいたのは、現役の保険営業マンだった1994年の頃です。クロージングが苦手で「保険の話を聞いて欲しい」という本音を言えず、紹介も出ずにダメ営業マンだった私がマーケティングを活用したセミナー営業を始めたことで一気にトップ営業マンまで昇り詰めることができたのです。

当時、セミナーを活用して保険を販売している人は私の知る限り、誰一人としていませんでした。支社長からも「花ちゃん、セミナーなんてやっている暇があったら一人でも多く、紹介をもらえるように訪問したら︖」と言われていた位です。クロージングが苦手なら、数多くの見込客に出会える方法を考えればよい、この発想こそが、私が教えている保険マーケティングの原点です。


保険マーケティングを学びたいけど、どうやって学べばいいかわからないという声が多かった

保険マーケティング大学校をつくった大きな理由として、継続的にマーケティングを学べる機会や環境をつくりたかったという想いがあります。これは昔と何も変わっていませんが、保険業界では、販売方法(セールス)や商品知識など保険を売るための研修はあっても、肝心な集客方法(マーケティング)を学ぶ場がないという声をよく聞きます。

営業とは「マーケティング(見込客開拓)」+「セールス(販売)」です。私たちは20年以上保険業界向けに研修をし、会社で教えてくれるセールスのスキルアップも大事ですが、それ以上にマーケティングが重要だと言い続けています。事実、アンケートでもっとも多い要望が「マーケティングを継続的に学べる環境が欲しい」というものでした。興味を持っていても、そもそもどうやって何を学べばいいのか︖マーケティングは一人では極めることがとても難しい分野であると感じている方が多いようです。

どんなにセールス力があっても、目の前に見込客を座らせることができなければ契約にはなりません。見込客が山のようにいて業界を去る方はいません。残念ながら目の前に座ったら契約になるのに、座らせることができずに去った方をたくさん見てきました。

研修やセミナーは短期習得型で即効性があり成果が出るスピードが早いのが特徴ですが、同時に毎月継続して学び続ける大学のような環境、例えば魚釣りをする人に魚を与えるのではなく、釣り方を教えるようにすれば、より多くの保険営業パーソンの役に立てるのではないかと考え、つくったのが保険マーケティング大学校です。

校長 花田敬



配信コンテンツ

個人から法人・富裕層マーケットへのシフトチェンジ

個⼈マーケットで成功できたとしても契約単価は低く、既契約者が増えればフォローも⼤変になり精神的、体⼒的に限界を感じている⽅がキャリが長くなればなるほど⾮常に多いです。だからこそ法⼈マーケットへのチャレンジを考えます。しかし、個⼈マーケットと法⼈マーケットでは勝ちパターンは全く異なります。

「社⻑に会って商談する機会さえ作れれば契約ができるのに・・・」
これは法⼈マーケットにチャレンジする保険営業パーソンが⼝を揃えて言っている⾔葉です。保険⼀辺倒のアプローチトークではなかなか会ってもらえないのが現実です。

そこで必要になってくるのが「マーケティング」という考え⽅です。 法⼈の社⻑と会うためのノウハウと法⼈の社⻑に保険を売るノウハウは違うということを理解してください。


「会う」と「売る」の違い

あなたはすでに商品知識やセールストークなど法⼈保険を売るためのノウハウは持っているかもしれません。では、法⼈の社⻑があなたに会いたいと時間をつくってもらうためのノウハウやコンテンツを持っていますか?
法⼈保険は決定権者である社⻑に対して⾃信を持ってアプローチできるノウハウやコンテンツが必要です。
マーケティングと聞くと少し難しく感じるかもしれませんが、シンプルに法⼈の社⻑と「会う」ための⽅法と捉えてみてください。
どんなにセールスが優れていてもそれだけでは法⼈保険は売れません。マーケティングが必要不可⽋なのです。
私は、ソニー生命で保険営業開始した当初アポが取れない、紹介がもらえないとたった2週間で保険営業を辞めようと思った経験があります。
辞めるのを思いとどまり、始めたのは、「会えないなら相手から会ってほしい、聞きたいといわれるしくみにすればいい」とやり始めたのがセミナー営業手法。

今では当たり前のセミナー営業もこの1994年6月3日のセミナーが日本で初めて保険営業マンが講師をした伝説のセミナーとなりました。
保険を「売る」ことではなく、法人の見込客と「会う」ことにスポットを当て、様々な知識やノウハウを勉強し、実践するという必勝パターンを確立させ、驚くほどの売り上げ(当時TOTの2~3倍)を挙げるまでになりました。
法人保険は「マーケティング」という発想を持つことで驚くほど簡単に売れるようになるのです。


配信コンテンツ

■保険マーケティング大学校 
配信コンテンツ
必修~一般~専門~応用

配信コンテンツ

セールスにプロセスがあるように、アポイントを取る前にもプロセスがあることをご存知ですか?
どんなに成約率が高くても見込客が少なければ大きな売り上げにはなりません。ところがほとんどの方がどうやったら契約になるかの目先のノウハウを欲しがります。
会社でも見込客に会ってからのセールスの進め方(セールスプロセス)は学びますが、紹介以外でアポを取る方法を教えられている人は皆無に等しい。それは教えたくても誰も教えられないからです。
このマーケティングプロセスを学べばアプローチ先がないという恐怖から永遠に解放され、あなたは出会った人すべてを「見込客」にすることができます。
トップセールスが名刺交換後に必ずしている具体的なやり方がわかれば、苦労して名刺交換できたのに次のステップに進めない社長の名刺も必ず生きてくるでしょう。あとはルーティーンとしてやり続けるかどうかだけです。


配信コンテンツ

生保販売のためのには絶対に押さえておくべき販売のためのセールスプロセス。ゴールは「契約」ではない!?
損保などが顕在化しているのに比べ、生保のニードは潜在化しています。そのためどんなに商品説明をしても絶対に売れません。
そこで高い成約率を達成するためには、他業界にはない生保独特のセールスプロセスが必要で、これを「正しく理解して正しく行動」しなければ常に売り続けることはできませんしプロセスのゴールの「紹介」も出ません。
アポイントなどそれぞれのプロセスの言葉の意味はわかっている人でも本当にその内容を理解している人は少なく、ただ単にステップをこなしているだけの人もよく見かけます。 ここではプロセスの全体像と各ステップの本当の意味を学ぶことで、明日からの商談が目に見えるように変化し、紹介も数多く出ることになるでしょう。

配信コンテンツ

保険業界に入ったほとんどの方が経験する個人保険マーケット。 ベースマーケットが一巡したらどうしますか?
スタートダッシュは何とかベースマーケットを中心に決めたものの、紹介も思ったほど出ずにそろそろ行き先がなくなってきた・・・・。
紹介が出るセールスプロセスの理解と実践を極めることも大事ですが、そもそも「紹介はどんな時にでるんだろう?、なぜ紹介したくなるんだろう?」を理解すると紹介依頼のやり方も変わります。
または、「紹介以外に見込客を増やす方法ってないの?」など大事な紹介以外で見込客を増やす方法やしくみを常に考えることが重要です。 ここではそれらを実践して大きな成果に変えているやり方を学び、真似をしたりヒントにすることができます。

配信コンテンツ

優績者の多くが法人マーケット主体に活動。
個人マーケットに比べ単価も大きい上に時間拘束も少ないのでマーケットチェンジしたいけど・・・ベースマーケットが一巡したらどうしますか?

個人マーケット中心だと平日夜と土日はゴールデンタイム。おかげで家族とゆっくり過ごす時間もないし常に忙しい。この先何年同じことを繰り返すのだろう?
かといって法人マーケットに足を踏み入れたくても何をどうしたらいいのかと途方に暮れていませんか?サラリーマンと面談する時とは全く違いますが、法人保険も相手である社長は人間であることは個人保険と同じ。要は社長が何に興味を持ち、何が悩みなの か?(そこには間違っても保険の話は出てこない)。もしあなたの頭の中を社長と同じ「社長脳」にすることができる話題がふんだんに手に入れば、必ず相手からもっと聞かせてと立場が変わってきます。

配信コンテンツ

営業パーソン、マネージャー、経営者など立場によって当然異なるやらなければいけないマネジメント
個人保険中心で毎日とにかく忙しいけど他のみんなはどんなタイムマネジメントをしているの?
自らが営業して、さらにマネジメントもしているけどどんな時間配分しているんだろう?
保険代理店経営者の仕事は、売れる営業マンを採用さえすればいいのかな?どうしたら社員の売上が上がり、社員が幸せになるのだろう?
当然立場によってマネジメントの種類や悩みは変わります。あなたと同じ立場の方の「これは!」という実践から得た話があなたを解決に導いてくれるでしょう。

配信コンテンツ

先入観を捨てること。①とても人前で上手に話なんてできない。 ②(自分で集めてはいけないのに)セミナーは結局集客できないから費用対効果に合わない・・・
まだまだセミナー営業に対して誤った先入観ややり方をして諦めた人が多いのが現状。私たちが言うセミナーは王道の紹介営業と同じく重要な「営業手法」なのです。
今後ますます情報過多の時代になり、何が正しくて正しくないのか判断に迷う消費者が増えます。またどの営業パーソンもコンサルティングを標榜し差別化が難しくなります。
大事なのは相手(見込客)から選ばれること。そのためには「講師=先生」という最高のブランドを手にする必要があります。そうなれば相手から依頼・来社されての面談が当たり前になります。

配信コンテンツ

時には契約の障害になることもある税理士。 発想を変えて税理士や士業を味方につけて法人マーケット開拓を楽勝モードにしませんか?
社長がOKを出したのに税理士の横槍が入った・・・。ではなくそもそも税理士を味方につけて、もっと有利に法人開拓できる方法に興味はありませんか?
どうすれば税理士とWin-Winの関係を築けるのか?どうすれば一緒にタイアップセミナーを開催できるほどの「仲間」になれるのか?
税理士や士業へのアプローチから、さらに協業しながらマーケットを展開する具体例をお教えします。

配信コンテンツ

あなたが社長から信頼され社外ブレインになるための 専門家によるとっておきのマル秘コンテンツ
あなたを一保険営業パーソンから、経営者、資産家、ドクターの社外ブレインへと立ち位置を変えるためのマル秘情報コンテンツが盛りだくさん。
「社長のハートを鷲掴みする旅費規程活用法」、「税理士も知らない!社長のための資金調達ノウハウとは」から「仮想通貨の税務対策」など厳選された貴重なテーマを学べます。

■保険マーケティング大学校 
配信コンテンツ
シリーズ授業(全12回~)

シリーズ授業_花田敬 シリーズ授業_花田敬

From:花田敬
私が保険マーケティング大学校をつくった大きな理由として、継続的に法人・富裕層マーケティングを学べる機会や環境をつくりたかったという想いがあります。
保険業界では、販売方法(セールス)や商品知識など保険を売るための研修はあっても肝心な法人・富裕層の集客方法(マーケティング)を学べる機会が少ないという声をよく聞きます。
私たちは長年、保険業界向けに研修をしていますがアンケートでもっとも多い要望が「マーケティングを継続的に学べる環境が欲しい」というものでした。興味を持っても、そもそもどうやって学べばいいのか?マーケティングは一人では極めることがとても難しい分野であると感じている方は多いようです。
私の授業では、法人・富裕層マーケティングに必要な旬な情報やノウハウを教えていきます。


シリーズ授業_中瀬さん シリーズ授業_中瀬さん

土日完全休み!平日9時~17時の営業活動でMDRT・COT10回達成
中瀬敏の「シニア・資産家・富裕層マーケット超効率営業実践プログラム」

保険業界歴26年、業界デビューから今までシニア・資産家・富裕層マーケットだけに特化し、MDRT・COT10回達成の中瀬講師が担当。
中瀬講師のモットーは自身が望む「理想のライフスタイル」が実現できなければ保険営業をやる意味がない。「理想のライフスタイル」に合わせて対象マーケットや営業手法を戦略的に実践する。という考え方。
土日完全休み!平日9時~17時しか働かない超効率的な営業スタイルで保険が売れるマインドやノウハウを学ぶ授業です。


シリーズ授業_大田さん シリーズ授業_大田さん

税理士・銀行マンから聞けない社長の可処分所得をトコトン増やす目からウロコの具体策55連発を代名詞に役員報酬1800万以上のオーナー社長から保険契約を連発している大田先生の法人保険販売術を学ぶ授業です。
これから法人マーケットに挑戦したい方、すでに法人マーケットを中心に活動していて、より拡大させていきたい方に今の時代に適した法人保険の販売方法を教えます。


毎月最新コンテンツを公開

配信コンテンツの一部

全75コンテンツ2,000分超
※2021年1月現在

さらに

アップグレード アップグレード

24時間365日いつでもどこでも学べる

画像1

スマートフォンでも

通勤途中の電車の中でも学べる

画像2

iPadでもPCでも

officeでじっくりと。自宅でしっかりと。

画像3

朝でも夜中でも

24時間好きなときに視聴できます。

申込方法

保険マーケティング大学校の魅力をあなたにも実感していただきたいので、初月100円(税込)で是非お試しください。次月より通常の課金(月額制5,478円(税込))となります。
※決済方法はクレジットカードのみのお取扱いとなります。
※ご解約希望の際は、退会希望日の1か月半前までにご連絡ください。

保険マーケティング大学校に
初月100円でお試し入会する

保険マーケティング大学校 講師陣

順不同。講師一覧は随時更新していきます。

hanada

校長 花田 敬

イーエフピー株式会社

miyako

都 賢治 氏

税理士法人アルタス

ota

大田 勉 氏

ニッケイ・グローバル株式会社

nakase

中瀬 敏 氏

インシュアランスネットサービス

misegawa

三世川 知生 氏

税理士法人アルタス

sugano

菅野 匡城 氏

菅野FP・社労士事務所

kishida

岸田 康雄 氏

事業承継コンサルティング株式会社

tajima

田島 大輝 氏

株式会社YBC

watanabe

渡邉 勝行 氏

渡邉事務所

鴨藤 政弘 氏

鴨藤 政弘 氏

一般社団法人日本住宅ローンコンサルティング協会

神尾 えいじ 氏

神尾 えいじ 氏

株式会社インペリアル・サポート

小林 晶秀 氏

小林 晶秀 氏

株式会社ライフプラザパートナーズ

菊原 智明 氏

菊原 智明 氏

営業サポート・コンサルティング株式会社

伏屋 慶二 氏

伏屋 慶二 氏

日本ファイナンシャルプランニング株式会社

宛木 宏之 氏

宛木 宏之 氏

株式会社松浦製作所

田中 香津奈 氏

田中 香津奈 氏

株式会社フェリーチェプラン

阿部 龍治 氏

阿部 龍治 氏

株式会社ダク・エンタープライズ

佐藤 鷹 氏

佐藤 鷹 氏

FAラポール

西岡 慎也 氏

西岡 慎也 氏

株式会社ファッションスタイリストジャパン

高見 龍也。 氏

高見 龍也。 氏

株式会社ライフ・ストーリー高

高柳 力也 氏

高柳 力也 氏

ファイナンシャルプランナー

福島 正光 氏

福島 正光 氏

株式会社一期コンサルティング

林 直樹 氏

林 直樹 氏

株式会社リアルコーディネート

横山 直美 氏

横山 直美 氏

株式会社ライフカレッジ

佐々 妙美 氏

佐々 妙美 氏

株式会社セミナーエリート

牧草 大輔 氏

牧草 大輔 氏

株式会社CVC

川口 宗治 氏

川口 宗治 氏

株式会社ライブリッジ

安井 麻代 氏

安井 麻代 氏

株式会社ダブルエム


校長紹介

花田 敬(はなだ たかし)

イーエフピー株式会社 代表取締役

93年ライフプランナーとしてソニー生命熊本支社入社。 94年95年にソニー生命社長賞を受賞。96年に同社を退社し保険代理店ソネット九州株式会社を設立。94年~99年にわたり6年連続MDRT会員を維持。 99年東京でイーエフピー株式会社を設立し、これまでの卓越した営業実績に基づいた営業ノウハウをベースに、大手銀行、生命保険会社、損害保険会社、 証券会社、大手住宅メーカーなどの企業コンサルティングや社員研修を行うほか、セミナーや講演も多数手掛ける。 また、その傍らで関東学園大学の非常勤講師も務める。
法人クレカ・マイル研究会 会長/チーム★ライフプラン研究会 会長/チーム★売上アップ研究会 会長/社長のライフプラン研究会 プロデューサー/一般社団法人 法人クレカ相談士協会 会長

【著書】
「誰か教えて!一生にかかるお金の話」「売れる営業の基本」「プロ中のプロが教える営業のセオリー」「売るための教科書」「誰も気づかなかったセミナー営業で顧客が10倍」「図解&事例で学ぶ「売れる」営業の教科書」「生命保険あなたにとってよい営業マン、ダメな営業マン」など。


TOPにもどる↑